クレジットカード現金化を安全に行うために

すぐに現金が手に入るという手軽さから、誰でもいざという時に利用することになるかもしれないクレジットカード現金化ですが、トラブルの元になる危険性を孕んだものでもあります。安全に行うためにできる事とは一体何なのでしょうか?現金化の方法毎に見ていきます。

クレジットカード現金化やショッピング枠現金化と聞くと、なんだか怪しいのではないか、危険なものなのではないかと思う方も多いでしょう。手軽に、そしてすぐに現金を手にすることができるので非常に便利な手段ではありますが、誤った方法を取ってしまうとトラブルが起きてしまうこともあります。現金化を安全に行うために気をつけるべきことについてまとめていますので、参考にしてみてください。

自分でやる場合

クレジットカードのショッピング枠現金化を自分で行うということは、カードを利用して購入したものを転売してその売上げを現金として手にするという方法です。

しかし、自分で行う際に注意しなければいけないのが、カード会社に現金化をしていることを知られないようにすることです。クレジットカードの利用規約等には記載がありますが、現金化というのはカードの利用において禁止されている行為なのです。還元率の高い商品を繰り返し頻繁に購入していることが分かった場合、カード会社から現金化をしているのではという疑いをかけられ調査されてしまいます。最悪の場合にはカードの利用が止められたり、ブラックリストに載ってしまったりすることもあるのです。

ですから自分で行う際には、カード会社に目を付けられないように注意して行うようにしましょう。全ては自己責任になるという認識を持って行いましょう。

業者に依頼する場合

業者に依頼する場合に安全に現金化を行うためには、優良な業者を選ぶということが何よりも大切になります。

優良な業者を見極めるポイントとして、まずはきちんと許可をとって運営しているかどうかです。中古品を売買するには古物商許可証が必要になります。きちんとした運営を行っているところであれば必ず取得していますので、チェックしましょう。

次に、口コミです。インターネットを利用して業者の名前を検索すれば、利用した人の口コミを簡単に検索することができます。ある程度業者を絞ったら必ず口コミを確認してみて、悪徳業者ではないか、提示されている還元率は本当か、個人情報の取り扱い方はどうかなど細かい部分まで見ておくようにしましょう。

 

クレジットカード現金化はとても手軽で便利なものではありますが、それと同時に危険性もある方法です。利用する際には自分で行うにせよ、業者に依頼するにせよ、安全にそして健全な取り引きができるように注意して行う必要があります。